不動産ニュース / ハウジング

2017/3/22

猫と暮らす戸建住宅を開発/大和ハウス

 大和ハウス工業(株)は23日、猫と暮らすことをコンセプトとした戸建住宅オープンハウス「猫と暮らすまちなかジーヴォ」(千葉県流山市)の一般公開を開始する。

 同社は現在、変化していく”家族のカタチ”に合わせて多様な住まい方を提案する「これからの住まい方プロジェクト」を展開しており、住まい方提案の一つとして、猫と暮らす戸建住宅を開発。エッセイストの石黒 由紀子氏をアドバイザーに迎え、ベネッセコーポレーションが発行する生活総合誌「ねこのきもち」とコラボレーションした。猫の習性や安全面に配慮し、猫を飼うにあたっての飼い主の清掃の手間を軽減するなどの工夫を施しているのが特長。

 オープンハウスでは、猫の運動不足や肥満防止、ストレス解消を目的に、立体的に家の中を動き回れるよう1階壁面に階段状の「キャットステップ」を、吹き抜け空間には「キャットウォーク」を設けた。また、適度な紫外線が必要な猫のために、日当たりの良いリビング南側には窓台を設け、日光浴ができるように。網戸には、爪で引っかかれても破れにくいステンレス製の素材を採用し、脱走のリスクも軽減させている。そのほか壁紙や家具での爪とぎを防ぐため「爪とぎ柱」も用意した。

 猫の安全面での配慮では、ダイニングからキッチンや洗面室に入れないよう、可動式の間仕切りとして「ライトスルースクリーン」を採用。これにより、日中、留守にする時間の長い共働き世帯であっても、猫にとって安全な空間が確保できるようにした。さらに就寝時には、猫が寝室に入れないようロック機能が付いた「キャットドア」を設置。また、猫が新鮮な水を飲めるよう、リビングには「水飲みスペース」を設けている。

猫と暮らす
1階壁面に階段状の「キャットステップ」を設置
吹き抜け空間には立体的に動ける「キャットウォーク」を設けている

 そのほか、清潔を好む猫のために、専用のシャンプー台とトイレスペースも用意。シャンプー台を設置した床部分には防水・撥水処理を施し、トイレスペースはタイル貼りとすることで、飼い主の清掃の手間も軽減している。また、玄関の壁面の一部にはにおいを吸収する室内用壁材タイル「エコカラット」も採用した。

猫が新鮮な水を飲める「水飲みスペース」

  オープンハウスは、つくばエクスプレス・東武鉄道野田線「流山おおたかの森」駅徒歩14分に位置。軽量鉄骨造2階建て、敷地面積176.66平方メートル、延床面積117.95平方メートル、間取り3LDK、販売価格5,750万円(税込み)。

 同オープンハウスの仕様を採用した場合の費用は、キャットウォーク等の造作部分が約40万円、キャットドア等、猫仕様への変更が約30万円、合計約70万円。個別に採用することも可能。

 22日に実施した内覧会で、アドバイザーの石黒氏は、「猫と飼い主がお互いに無理することなく、心地よくのびのび暮らせる家を目指した。室内飼いの猫が家の中で自由に動けるよう、キャットドアをできるたけたくさん配置し、キャットウォークも行き止まりのない形にしている。一部スケルトンにして肉球が望めるなど、飼い主にうれしい工夫も取り入れている」などと話した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

オープンハウス

本来は、企業のオフィスや生産施設を、顧客・取引先・投資家に見学させて、企業に対する理解度を高めるという企業広報活動のこと。不動産業界では、販売しようとする物件の内部を一定の期間、担当営業員が常駐して、買い希望客に公開するという販売促進活動を指す。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。