不動産ニュース / イベント・セミナー

2017/4/28

JLLが海外不動産投資フォーラム

セミナーの様子

 ジョーンズ ラング ラサール(株)(JLL)は27日、マンダリンオリエンタル東京(東京都中央区)で「アウトバウンド不動産投資フォーラム2017」を開催した。

 フォーラムでは、まず同社グローバルキャピタルマーケッツ ヘッドオブリサーチのデヴィッド・グリーン・モルガン氏がグローバルな不動産投資市場の概況を説明。「新規供給は一部で増加しているがすでにピークを迎え、賃料上昇率は昨年比で若干スローダウンしている」と述べた。また16年の都市ごとの投資取引額については「1位がニューヨーク、2位がロンドンとなっているが、アジアの都市もそれに追従している。東京は6位と若干順位が下がったが、中国をはじめとしたアジアからのアウトバウンド投資が増えている。不動産投資がグローバル市場でアセットクラスとして認識されるようになってきた」とし、国際利回りの変動にもかかわらず資産価値は引き続き上昇していることなどから「17年も安定した不動産取引高が期待でき、引き続き活発な市場となるだろう」と予測した。

 続いて、オーストラリアのローン市場、トランプ政権下での米国、EU離脱決定後の英国、欧州地域の不動産投資市場の詳細など各地域のスペシャリストが解説。同社日本取締役執行役員キャピタルマーケット事業部長の水野明彦氏をモデレーターに、パネルディスカッションも実施した。水野氏は、グローバルの不動産投資市場においてアジアからの資本が増えているということを取り上げ、どの国からが多いのか、日本はどのように競争していったらよいのか、シドニー五輪の後、不動産価格の上昇につながった理由はどこにあるのか、ロンドン五輪後の英国はどのような状況だったのか、などをパネリストらに質問し、グローバルな視点からの見解を共有した。

パネルディスカッションの様子

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?