不動産ニュース / その他

2017/5/25

エコキュートをIoT技術で最適制御

 大和ハウス工業(株)と(株)ファミリーネット・ジャパンはこのほど、マンション各住戸のエコキュート稼働時間を、IoT技術を使って最適制御するサービスの共同開発に着手した。

 オール電化を採用している一般家庭において、エコキュートが占める電力使用量は25%と高く、深夜に一斉に稼働するため、マンション全体としては深夜の電力使用量増大という問題も発生している。両社が持つデータや技術を活用し、マンション全体での電力負荷平準化を目指す。

 サービスは、高圧一括受電サービスを導入したマンションが対象。各住戸のエコキュートを、「MEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)」に接続し、稼働データをMEMSに集約。生活リズムが類似する居住世帯をグルーピング。グループごとにエコキュートの稼働時間が分散されるように遠隔操作によって制御する。

 開発完了後は、大和ハウスのスマートマンションサービス「D’sエネルギープラン」に組み込む。また、同様のサービスを同社の戸建分譲地に導入することも計画している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。