不動産ニュース / その他

2017/5/25

エコキュートをIoT技術で最適制御

 大和ハウス工業(株)と(株)ファミリーネット・ジャパンはこのほど、マンション各住戸のエコキュート稼働時間を、IoT技術を使って最適制御するサービスの共同開発に着手した。

 オール電化を採用している一般家庭において、エコキュートが占める電力使用量は25%と高く、深夜に一斉に稼働するため、マンション全体としては深夜の電力使用量増大という問題も発生している。両社が持つデータや技術を活用し、マンション全体での電力負荷平準化を目指す。

 サービスは、高圧一括受電サービスを導入したマンションが対象。各住戸のエコキュートを、「MEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)」に接続し、稼働データをMEMSに集約。生活リズムが類似する居住世帯をグルーピング。グループごとにエコキュートの稼働時間が分散されるように遠隔操作によって制御する。

 開発完了後は、大和ハウスのスマートマンションサービス「D’sエネルギープラン」に組み込む。また、同様のサービスを同社の戸建分譲地に導入することも計画している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。