不動産ニュース / 開発・分譲

2017/5/29

京都を皮切りにローコストの宿泊特化型ホテル

シングルルームイメージ

 相鉄グループの(株)相鉄ホテル開発と相鉄イン(株)は25日、宿泊特化型ホテルの「相鉄フレッサイン」よりも低価格帯となる新ブランドを立ち上げ、2018年10月に京都市中京区に1号店を出店すると発表した。

 新ブランドは、ローコスト志向の訪日外国人やカップル・ファミリー層をターゲットにしたコストパフォーマンスに優れる「個室簡易型ホテル」。客室規模は100~150室で、客室面積4.5~13平方メートル程度。ツインルームをはじめ、シングルルームや4ベッドルーム等、多様なタイプを用意するほか、女性専用フロアも設置する。室内には、携帯電話やスマートフォンに連動したキーシステムや、訪日外国人向けに多言語対応端末、シャワーブースやランドリーの混雑状況を客室にいながら確認できるシステム等を導入する。

 1号店は、京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩5分、阪急京都線「烏丸」駅徒歩2分に立地。鉄骨造地上6階建て。延床面積1,952.84平方メートル。客室数は150室を予定。客室面積5~13平方メートル。相鉄ホテル開発が土地を所有者より借り受け建物を建設し、相鉄インが運営する。

 相鉄グループでは、運輸、流通、不動産に続く第4の柱としてホテル事業を積極的に展開しており、今回で45店舗目となる。今後も、同社グループの成長戦略の重要な柱として、検討中の海外への出店も含めて国内外で100店舗を視野に、19年度までに50店舗超のホテル運営を目指していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。