不動産ニュース / 政策・制度

2017/5/31

投資市場成長に向けアクショプラン骨子案

 国土交通省は30日、8回目となる「不動産投資市場政策懇談会」(座長:牛島総合法律事務所弁護士・田村 幸太郎氏)を開催。不動産投資市場の成長に向けたアクションプラン骨子(案)を提示した。

 同アクションプランでは、2020年ごろにリート等の資産総額を約30兆円に倍増する成長目標の実現に寄与すること、経済の三要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、「モノ」の中で、土地・不動産分野の市場成長に向けた取り組みを推進するとし、具体的施策として、「CRE等の改革」「リート市場等の改革」「不動産投資家の投資環境の改革」「人材育成の改革」の4つを挙げた。

 「CRE等の改革」については、CRE戦略ガイドライン手引きの拡充、CRE活性化フォーラムの設置・運営等、老朽化不動産の更新・活用の促進、PRE戦略の一層の推進、「リート市場等の改革」においてはリートの多様化、ESG(環境・社会・ガバナンス)不動産投資の促進、地方創生型の不動産証券化の促進、「不動産投資家の投資環境の改革」については、不動産投資パフォーマンス評価のガイドラインの策定、不動産情報基盤の充実、不動産投資環境のグローバル化の推進、「人材育成の改革」では、不動産、金融、機関投資家などが連携して、必要となるhuman resource育成を推進する、ことなどを盛り込んだ。

 委員からは具体的施策について「CREについて事例が示されているが、PREについても事例があるはずなので掲載したほうがよいのでは」「ESG不動産投資の促進とあるが、CASBEEやBELSなど環境に関わる表示制度を入れることも検討してほしい」「人材育成については、学校などに対応してもらうことはできないか」といった意見や要望が挙がった。

 同会は、6月21日に次回会合を開き、さらに議論をしていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

CRE

CorporateRealEstateの略で、「企業不動産」をいう。企業は、事業のために事務所、店舗、工場、福利厚生施設など各種の不動産を所有・賃貸借しているが、それらすべての不動産がCREである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。