不動産ニュース / その他

2017/6/26

リノベ推進協が総会。さらなるストック化社会へ

「リノベーションの普及・啓発、事業者の技術の向上事業環境整備
の3つをベースに活動していく」と述べる同協会理事長の山本卓也氏

 (一社)リノベーション住宅協議会は23日、第9回定時社員総会を開催。2016年度事業報告および決算報告書の承認などを行なった。

 16年度は、信越・北陸エリアでの支部立ち上げを含め、さらなるリノベーション市場の拡大、事業環境整備の推進を図るためにさまざまな入会促進活動を実施。新たに179社が入会し、会員総数は810社となった。また、基幹事業でもある「リノベーション住宅適合状況書」の発行は4,880件で、累計2万9,673件となった。

 また、役員の選任も行ない、(株)たかだ代表取締役社長の高田政俊氏、(株)リビタ一棟事業本部長の三浦隆博氏の2名を理事に選任。17年度は理事20名監事1名体制で運営していく。

 挨拶に立った同協会理事長の山本卓也氏は、「16年度は、中古マンションが新築マンション販売件数を上回った象徴的な年となった。当協議会では、優良なリノベーションの普及・啓発、事業者の技術の向上、事業環境整備の3つのアクションをベースに、ストック化社会のさらなる推進を図っていく」と述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。