不動産ニュース / 仲介・管理

2017/6/30

初期費用、クレカ決済可能に/スターツ

 スターツコーポレーション(株)は7月1日より、不動産会社向けに不動産契約時の初期費用をクレジットカードで決済できるサービスの提供を開始する。

 賃貸住宅の契約時、仲介手数料や敷金礼金等の初期費用が高額なため、契約者からのクレジットカード決済の要望が高まっており、そうしたニーズに対応するもの。

 今回のサービスでは、同社が不動産等の総合保証サービス展開する(株)イントラスト(東京都千代田区、代表取締役社長:桑原 豊氏)が提携。イントラストが提供しているSMS(ショートメッセージサービス)を活用したソリューションサービスを利用することで、契約者がクレジットカードでの初期費用決済を、携帯電話やスマートフォンから行なうことができるようにした。 

 不動産会社にとっては、設備導入費用などの負担がなくセキュリティに対応したクレジットカード決済を提供することができほか、休日でもリアルタイムで契約者のクレジット決済の状況を確認することが可能となる。

 一方、利用者にとっても24時間支払い手続きが可能となるほか、クレジットカードのポイントをためることができるというメリットがある。

 当面は、スターツグループで仲介業を展開する「ピタットハウス」のFC加盟店での利用が可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年7月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

緊急事態宣言下の地域事業者の奮闘を取材!新たなビジネスアイディアも。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/3

「記者の目」更新しました!

生活困窮者の救いの手を(その2)」配信しました。
NPO法人との両輪で、生活困窮者に「住まい」と「食」を提供する、ある不動産事業者がいる。緊急事態宣言下の5,、解除後の6月と2度に渡り取材を行ない、同社の奮闘を追った。