不動産ニュース / その他

2017/8/3

マンション用地仕入れで取引事故

 積水ハウス(株)は2日、分譲マンション用地として購入した土地取引において、所有権移転登記を受けることができない事故が発生したと発表した。

 同社の契約相手先が所有者から約2,000平方メートルの土地を購入後、直ちに同社へ転売する形式で売買を実施。購入代金の決済日に所有者から契約相手先を経て同社へ所有権を移転する登記申請を行なったところ、所有者側が提出した書類に真正でないものが含まれていたことから、登記申請が却下されたという。

 購入代金70億円のうち63億円を支払い済みだが、現在所有者とは連絡がとれない状況。同社は何らかの犯罪に巻き込まれた可能性が高いと判断し、顧問弁護士によるチーム体制を整え、捜査機関に対して被害の申し入れを実施した。

 なお、2018年1月期の業績予想の修正はないとしている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

移転登記

所有権移転登記を参照。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。