不動産ニュース / 開発・分譲

2017/9/14

幕張で総戸数4,500戸の大規模開発始動

「幕張ベイパーク マンションミュージアム」
外観

 三井不動産レジデンシャル(株)、野村不動産(株)、三菱地所レジデンス(株)など7社は、「幕張新都心若葉住宅地区」(千葉市美浜区)で開発を進めている「幕張ベイパーク」での分譲住宅事業第1号の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(総戸数497戸)の販売センター「幕張ベイパーク マンションミュージアム」を16日にオープンする。

 「幕張ベイパーク」は、2029年までの長期にわたり総面積17万5,809平方メートルの地に約4,500戸の住宅整備などを行なうプロジェクト。

 「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」は、JR京葉線「海浜幕張」駅から徒歩15分。敷地面積は約1万7,100平方メートルで、地上37階建てのタワー棟(448戸)と、地上8階建てのレジデンス棟(49戸)で構成。間取りは2LDK~4LDK、専有面積は59.77~106.77平方メートル。

 販売センターには75平方メートルと106平方メートル、いずれも2LDKのタイプのモデルルームを用意した。また開発地内に、カフェ、ブルワリー、貸しスタジオ、フリースペースで構成される「MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD」が14日にオープン。さらに開発地の暫定利用として、「コミュニティアウトドアパーク」をコンセプトとした、バーベキューやキャンプを楽しめる空間「PARK MAGIC」も用意する。いずれも、周辺地域の住民や新しく住まう人などが集い、にぎわいを創出する場所として運用していく計画。「PARK MAGIC」は10~11月にプレオープン、18年春にグランドオープンの予定。

 「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」は、これまで千葉市内、千葉県内のほか、京葉線沿線エリアを中心に、約3,000組から資料請求を受けているという。

 販売価格は未定だが、モデルルームのタイプの部屋の31階想定で、75平方メートルタイプで5,000万円台、106平方メートルタイプで8,000万円台前半となる見込みだという。

 販売開始は11月下旬、竣工は18年12月下旬、入居予定は19年3月下旬の予定。

「MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD」外観(写真左)。語らいやワークショップなどに利用できるフリースペースも用意(写真右)
バーベキューやキャンプを楽しめる空間「PARK MAGIC」

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。