不動産ニュース / IT・情報サービス

2017/10/12

米のAIベンチャーに出資/インヴァランス

 投資用マンションの開発・販売を手掛ける(株)インヴァランスはIoT事業に参入。初弾として、米国のAI開発ベンチャーであるBrain of Things社(米国カリフォルニア州、最高経営責任者:アシュトシュ・サクセナ氏、以下「BoT」)に出資した。

 BoTは、2009年に設立。居住者の生活習慣をAIが学習し、より快適な住環境を提供するAIスマートホーム「CASPAR」を提供している。インヴァランスは16年に自社開発したIoTシステム「alyssa.」を、これまでに自社マンション495戸に導入した。

 インヴァランスは、本格的にIoTに参入することで住環境の向上や不動産価値の向上につなげていく考え。今後、「CASPAR」を自社マンションに導入し、BoTの日本でのスマートホーム開発を支援していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

Internet of Things。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。