不動産ニュース / ハウジング

2017/10/12

熊本で県産材使った医療施設が上棟

三井ホーム
「みらいこどもクリニック」の上棟現場

 三井ホーム(株)は11日、地元の県産材を使った医療施設「みらいこどもクリニック」(熊本県熊本市)が上棟したことを明らかにした。

 同社が施工する医療施設では初めて地元の県産材を使用。熊本県は地元県産材利用に向けた環境整備が進んでおり、同社でも17年度に同県内で施工する戸建ての7割に県産材を使用する。今回は、ツーバイフォー工法の主要構造材であるスタッド(壁部分を構成する縦枠材)の全量を県産材とした。

 建物外観は曲線を効果的に取り入れた英国風デザイン。災害時には地域の防災拠点にもなるよう、同社独自の制振システムも導入している。

 敷地面積782.59平方メートル、建物は地上2階建て、延床面積は403.72平方メートルの省令準耐火建築物。完成は11月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/14

「記者の目」更新しました

地域で“求められている”ものを創り出す」を更新しました。
働き方改革などの影響により、コワーキングオフィスやシェアオフィスなど、多様なオフィスが各地で増えています。それらはオフィス運営企業が提供しているものがほとんどですが、今回取材したシェアオフィス「NAGAYA清澄白川」は、地域住民が中心となった法人が開業しました。取り組みを開始した経緯とは?