不動産ニュース / ハウジング

熊本で県産材使った医療施設が上棟

三井ホーム
「みらいこどもクリニック」の上棟現場

 三井ホーム(株)は11日、地元の県産材を使った医療施設「みらいこどもクリニック」(熊本県熊本市)が上棟したことを明らかにした。

 同社が施工する医療施設では初めて地元の県産材を使用。熊本県は地元県産材利用に向けた環境整備が進んでおり、同社でも17年度に同県内で施工する戸建ての7割に県産材を使用する。今回は、ツーバイフォー工法の主要構造材であるスタッド(壁部分を構成する縦枠材)の全量を県産材とした。

 建物外観は曲線を効果的に取り入れた英国風デザイン。災害時には地域の防災拠点にもなるよう、同社独自の制振システムも導入している。

 敷地面積782.59平方メートル、建物は地上2階建て、延床面積は403.72平方メートルの省令準耐火建築物。完成は11月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年11月号 日々の実務に役立つ情報満載です

10月1日からスタートした賃貸取引におけるIT重説について特集。社会実験参加事業者が感じたメリット・デメリット等について紹介しました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/10/20

「海外トピックス」更新しました

Vol.332 フェリーニ的由緒ある屋敷 の記事を更新しました。

19世紀、石油や鉄道、港湾貿易などで栄えたテキサス州には、富裕層が建てた大邸宅が立ち並びました。

今でもその面影を残すエリアがありますが、そうした地域でヴィクトリア様式の古い物件を改装してモダンなスタジオと住まいにしたイタリア生まれの女性がいます。

まるでフェデリコ・フェリーニの映画に出てくるような住まいをレポートします。