不動産ニュース / 開発・分譲

2017/10/25

野村不のホテル初弾、18年秋に上野で開業

「NOHGA HOTEL 上野」完成予想パース

 野村不動産(株)と野村不動産ホテルズ(株)は24日、同社グループが開発・サービス提供を行なう新ホテルブランドを「NOHGA HOTEL(ノーガホテル)」とし、その初弾ホテルを上野で開業すると発表した。

 ブランド名である「NOHGA」の由来は、「NOMURA」の「NO」と、思いがけない幸せを意味する言葉である「冥加(みょうが)」を掛け合わせた言葉で、「野村が生み出す、思いがけない経験」の意味を込めた。ホテル宿泊者のニーズが多様化していることから、“地域との深いつながりから生まれる素敵な経験”をコンセプトとする。

  第1弾となる「NOHGA HOTEL 上野」(東京都台東区、客室数130室)は、JR「上野」駅徒歩5分、東京メトロ銀座線、日比谷線「上野」駅徒歩3分に位置。敷地面積966.57平方メートル、鉄骨造10階建て。客室は18~35平方メートルのダブル・ツインを中心に構成。60平方メートルのスイートルームも用意する。

 日本初の黒の江戸切り子を開発した木本硝子(株)や洗練された家紋をデザインする(株)京源、上野に拠点を置くインテリア雑貨店(株)Syuroなどと連携し、ホテル内のデザイン・備品として導入していく計画。 また周辺地域の職人やデザイナー・クリエイター、シェフ、ソムリエなどを招いてのイベントやワークショップをホテル内で開催、この地ならではの体験を提供していく。

  開業は2018年秋の予定。

  説明にあたった野村不動産ホテルズ代表取締役社長の塚崎敏英氏は、ノーガホテルの展開について「観光客のニーズがモノ消費からコト消費にシフトしている中で、ディープな体験を求める人が増えている。『上野』では、地域とのつながりを強めながらサービスを提供し、このまちを好きになってもらいそしてまたきてもらうことを通じて、このまちににぎわいを創出していきたい」と述べた。

 また今後のホテル事業の展開については、野村不動産の拠点を置く東京・名古屋・大阪を中心に進め、独自ブランドの「NOHGA HOTEL」と、グローバルブランドホテルとの提携出店の2通りで展開していく計画。

ブランドロゴ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。