不動産ニュース / 開発・分譲

2017/11/2

インドネシア住宅市場へ参入/住友林業

 住友林業(株)は2日、インドネシア共和国で戸建分譲住宅プロジェクトを開始すると発表した。

 同プロジェクトは、同国の上場不動産開発会社Pt.Summarecon Agung Tbk(以下、スマレコン社)との共同事業。スマレコン社と合弁の特定目的会社(以下、SPC)を設立し、約160戸の戸建住宅をジャカルタ郊外の都市ブカシで建設・販売する。敷地面積は約4万4,000平方メートル、鉄筋コンクリート造地上2階建ての戸建住宅を開発。
 SPCの出資比率は、スマレコン社51%、同社100%子会社49%。東南アジアでは、同社初の戸建住宅分譲事業となる。

 プロジェクトの総投資予算額は約3,000万USドル。第1期販売は2018年7月に開始する予定で、21年中の販売完了を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

特定目的会社

特定の資産を裏付けとした有価証券を発行するためだけに設立された法人で、「資産の流動化に関する法律」にもとづいて設立される特別な社団をいう。通常SPC(SpecialPurposeCompany)といわれ、また、TMKと略称されることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?