不動産ニュース / IT・情報サービス

2017/12/1

スマートビルディングの実証実験/NTT都市開発

「IoT/M2Mプラットフォーム」活用の仕組み

 NTT都市開発(株)は11月30日、保有ビルで、スマートビルディングに関する実証実験を開始すると発表した。

 近年、ビル運営・管理におけるテナントニーズの多様化や、メンテナンスコストの削減等の課題に対し、IoT技術等の活用による解決が期待されている。
 そこで同社は、人の動きや位置、速度、音などを計測。その結果を分析し、利用状況の見える化や混雑緩和等の新サービスの提供および、ビル運営管理の効率化を目指す。

 今回の実証実験では、混雑しがちなオフィスビルの喫煙室を対象に、ユーザーの人数と位置データを測定。また、環境センサーで温度・湿度・CO2などのデータを取得、分析し、その結果から喫煙室の混雑状況の提供や清掃頻度の見直しを行なう。また、リアルタイム空調制御への活用も模索し、ビルの快適性と環境負荷軽減の両立を図る。

 なお、今回の取り組みはNTTグループの(株)ディメンションデータジャパンと共同で実施する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

InternetofThings。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/22

「記者の目」更新しました

“入居中”物件を1棟リノベ」を更新しました。
物件の競争力アップを狙った、賃貸マンションの1棟リノベ。それは通常、工事の騒音などを踏まえ、全戸空き状態のものを取得、または借り上げして実施するものだ。しかし、神奈川県住宅供給公社が手掛けたあるマンションでは、あえて3分の2が入居中の状態で1棟リノベを決行したという。その狙いとはいったい!?