不動産ニュース / その他

2018/1/12

ザイマックスリート投資法人、2月15日に上場

 (株)ザイマックスは11日、同社子会社の(株)ザイマックス不動産投資顧問が資産運用を行なう「ザイマックス・リート投資法人」(以下、同投資法人)が、東京証券取引所不動産投資信託証券市場への上場承認を受けたと発表した。上場日は、2018年2月15日の予定。

 ザイマックスグループは、ビルメンテナンス業務から経営代行・資産運用までの不動産運営管理のさまざまな業務をワンストップで行なう不動産総合マネジメントサービスを提供している。同投資法人は、同グループの不動産マネジメントノウハウの蓄積が相対的に豊富なオフィス、商業施設、ホテルをメインアセットとし、投資を行なう。

 投資対象条件は、オフィスが東京、名古屋、大阪、福岡の中心部所在する、原則として最寄駅から徒歩5分圏内の物件。
 商業施設は、近接駅乗降客数や商圏人口等、商業動線分析を踏まえた売上予測に基づく物件選定を行なうことを通じて、安定的に事業継続可能と想定される商業施設。
 ホテルは、立地ポテンシャルが高いと判断され、かつ主要国際空港を中心とした、増加する訪日外国人の宿泊ニーズとビジネスニーズを見込めるエリアに所在する物件など。

  公募数は20万9,905口で、オーバーアロットメントによる売り出しが1万495口。2月6日に価格決定の予定。

 上場時のポートフォリオは12物件、取得価格ベースで330億4,000万円の予定。

この記事の用語

不動産投資

資金を不動産(土地・建物)の購入・賃貸に充てて運用し、収益を得ることをいう。運用益は、不動産価格の上昇益(キャピタルゲイン)または賃貸料収入(インカムゲイン)として得ることになる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。