不動産ニュース / 開発・分譲

2018/1/24

宮前平に「健康・交流」テーマのシニア向けサロン

「らくティブ宮前」

 東急不動産(株)は24日、「健康」と「交流」をテーマにした健康サロン「らくティブ」の第2弾となる「らくティブ宮前」(川崎市宮前区)をオープンした。

 「らくティブ」は、健康に漠然とした不安を持つ65歳以上のシニア層をメインターゲットに、順天堂大学スポーツ健康科学部が開発した、健康寿命延伸のためのトレーニングプログラムと、参加者同士の交流プログラムを提供する。地域の商業施設に併設することで、日常生活の延長として健康づくりに取り組めるようにしている。第1弾の「らくティブ赤羽」(東京都北区)を2016年11月に開業、会員300名を集めている。

 「らくティブ宮前」は、東急田園都市線「宮前平」駅徒歩8分、東急電鉄の「東急宮前平ショッピングセンター」内に開設した。床面積は約46坪。赤羽の運営実績を踏まえ、ヨガや座学等のプログラムは廃し、トレーニングに特化。シニアに特化した「パワトレ(筋力・体幹アップ)」や「脳活ウォーク」「ストレッチ」などのプログラムを提供する。プログラムは1回50分で、うち5分を参加者同士の交流時間とする。また、スタッフや管理栄養士によるセミナーやクリスマスパーティなどのイベントで会員同士の交流を図る。

 利用料金は、月会費6,980円。年明けから周辺エリアへのポスティングを中心に集客。すでに10名以上の入会を得ている。

 今後は、赤羽と宮前での利用者検証を経て、年内に東急沿線で複数店舗を出店。高齢者の多い住宅街や団地の近隣をターゲットに、沿線外、首都圏外での多店舗展開を検討していく。

 23日会見した同社ウェルネス事業ユニットヘルスケア事業本部ヘルスケア事業部事業企画グループグループリーダーの大川朋宏氏は「買い物ついでに立ち寄れて、シニアの健康に直結したプログラムを受けられる施設を展開していく。高齢社会の進展の中で、シニアが心も体も健康に暮らせるお手伝いをしていきたい」と抱負を述べた。

シニア層の体力に配慮しつつ、健康増進が図れるプログラムを用意した

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。