不動産ニュース / 仲介・管理

2018/2/26

川崎に自社初のシェアハウス/NENGO

シェアハウス「川崎日進アパートメント“85”(ハチゴー)」。写真奥側建物の上層の従業員用住戸を改装した。手前は昨夏完成した「ウニコ」

 (株)NENGOは、自社初となるシェアハウス「川崎日進アパートメント“85”(ハチゴー)」(川崎市川崎区)を竣工。24日、報道陣等に公開した。

 簡易宿所などが点在する川崎・日進町の地域活性化を目的に2017年7月開業した複合施設「unico(ウニコ)」内に設置した。「ウニコ」は、JR「川崎」駅徒歩10分、食品パッケージメーカー保有の築54年の事務所兼工場をコンバージョンし、カフェ、スモールオフィス、体育館、多目的スペース、コワーキングスペースなどに再生。「“85”」は、従業員用の住宅だった地上4階建てビルの3・4階部分(約210坪)を、全20室のシェアハウスにしたもの。
 ウニコの既存施設とのミクストコミュニティを意識しており、起業家やデザイナーをメインターゲットとしながら、コワーキングスペース利用者や取引者等の住戸として提案していく。入居者には、ウニコやまちなかで実施する各種イベントへ積極的に参画してもらうほか、カフェからのケータリングサービスや同社が日進町で運営する簡易宿所の優待利用なども行なう。

 住戸は、専有面積7~13平方メートル。このほか、共用のキッチン、リビング、シャワールーム、パウダールームを用意。館内は、コンクリートのスケルトンに木製建具をあしらったシンプルな造り。室内壁は、入居者に自由に塗ってもらうほか、躯体等に影響の出ないDIYも原則認めていく。同社の簡易宿所運営会社が運営する。賃料は月額4万5,000~6万3,000円。すでに5室が決定済み。

 同事業を主導した同社ゼネラルマネージャーの中村 彰氏は「日進町のまちの再生というコンセプトを理解していただける人に住んでもらう。今後は、日進町の簡易宿所等を取得し再生していくことで、まちを面で再生していきたい」などと語った。

住戸はモルタル塗りの床、ラワン合板の扉のシンプルな造り。
壁は自由にペイントしてOKとした

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。