不動産ニュース / 開発・分譲

2018/3/1

都営青山北町アパート跡地の民活事業を着工

「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」建物外観イメージ

 東京建物(株)、三井不動産(株)、三井不動産レジデンシャル(株)は1日、都営青山北町アパート跡地で進めている「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」(東京都港区)を着工した。

 都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、多様なライフスタイルに対応する賃貸住宅やサービス付き高齢者向け住宅、店舗等を整備するとともに、青山本来の豊かな自然を再生する約3,500平方メートルの森(緑地空間)を創出する。敷地面積は7,895.01平方メートル、延床面積約3万4,800平方メートル、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造地上25階地下1階建て。

 森に面した1・2階に店舗、保育所を配置、森と一体的に複層にわたるにぎわいの空間を創出する。1階の地域交流施設は地域住民とともに、エリアマネジメント活動の中心として活用していく。
 2~4階には、49戸のサービス付き高齢者向け住宅を整備。1人用の1R、2人入居が可能な1R・1LDKを用意する。専任の看護師と介護士が施設内に24時間常駐するほか、地域における医療・介護サービスの拠点として、訪問看護事業所や訪問介護事業所等を併設する。
 5~25階は総戸数229戸の賃貸住宅。建物内には入居者間の交流を育む「クリエイティブサロン」や「テレワークスペース」、フィットネスルーム等の共用部や、英語対応コンシェルジュを設置。柔軟な働き方や子育て環境の充実に配慮した住環境を実現する。

 竣工は2020年5月の予定。

この記事の用語

エリアマネジメント

地域における良好な環境や固有の価値を維持・形成・向上するための取り組みで、地域住民などが主体的に行なうものをいう。和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。