不動産ニュース / 開発・分譲

2018/3/27

中央林間のSCを刷新。大和市とも連携

「中央林間東急スクエア」外観。茶系だった外壁が創業当初の白に塗り直され、若々しい印象に

 東京急行電鉄(株)は、田園都市線「中央林間」駅前の商業施設「中央林間東急スクエア」(神奈川県大和市)を28日オープンする。

 同施設は、1985年開業の総合スーパー「中央林間とうきゅう」を全面リニューアルしたもの。地上3階建て、店舗面積は約7,700平方メートル。2階部分で、中央林間駅ビルをリニューアル、2015年に先行開業していた商業施設「etomo中央林間」に直結する。

 旧施設が、来場者の7割が60歳台となっていたことから、その若返りを図るため、同社の生活密着型商業施設「東急スクエア」にリニューアル。子育て世帯をメインターゲットに、20歳台~40歳台に訴求する物販店舗35店舗を誘致した。1階は、東急ストアがリニューアル開業する。

 また、3階部分には、大和市の公共施設「大和市立中央林間図書館」(740平方メートル)、「大和市子育て支援施設」(240平方メートル)、「大和市役所中央林間分室」(150平方メートル)が入居する。中央林間駅は、同市の北限であり、これまで公共投資が少なかったことから、同駅圏居住者の生活利便性を上げるため、同市が東急に依頼し実現した。
 図書館ほか公共施設は、同フロアの「星乃珈琲店」と一体的にデザインすることで、開放的な空間とした。図書館の蔵書を同店に持ち込み読むことができるほか、図書館内に同店のテイクアウトドリンクを持ち込むことも可能。分室での各種手続き時にブザーを受け取っておくことで、施設内で買い物をしていても通知を受け取れるなど、商業施設と公共施設が連携していく。

 同社は今回のリニューアルにより、1日の施設利用者を1万人と倍増させ、年商70億円を目指す。

大和市の公共施設が入居する3階。商業ゾーンと公共施設は一体化しており、開放的な空間となっている。図書館の本は隣接する星乃珈琲店へ持ち込める
星乃珈琲店には、図書館の蔵書と同じ本が並べられており、店舗利用者は自由に読める。本腰を入れて読みたくなったら、図書館で借りることができる

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。