不動産ニュース / その他

2018/4/9

「かぼちゃの馬車」スマートデイズが倒産

 シェアハウス運営・投資用不動産販売の(株)スマートデイズは9日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請、監督命令を受けた。

 同社は2001年にシェアハウス事業を目的に創業し、12年に法人改組。女性用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を主体に、寄宿舎型シェアハウスの販売、サブリース、管理等を手掛けていた。シェアハウスのサブリースでは草分け的な存在であり、近年は入居者を対象とした人材派遣事業もスタートしていた。

 建設事業の売り上げ寄与があった17年3月期には売上高316億9,600万円を計上。しかし、17年10月ごろから提携金融機関との契約状況が大きく変わり、寄宿舎型シェアハウスの新規販売が難しくなった。オーナーに対する賃料改定通知により信用不安も拡散。18年1月にはオーナーに対する賃料支払いをストップし、一部オーナーは損害賠償請求訴訟の動きを見せるなど、社会問題化していた。

 負債は18年3月末時点で911人に対して60億3,500万円。このうち約23億円がオーナー675人に対する負債となっている。

この記事の用語

シェアハウス

複数の居住者・家族が一定の生活空間を共用する住宅をいう。一般に、台所、浴室、居間などを共用し、居住者同士のコミュニケーションが生まれることとなる。賃貸住宅として供給されているが、居住スタイルの選択肢の拡大に応える住宅形態のひとつである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。