不動産ニュース / 開発・分譲

2018/6/20

千葉・鴨川に8施設目の愛犬同伴ホテル

海沿いに建つ「レジーナリゾート鴨川-Dog Wellness Beach」外観

 東京建物グループの東京建物リゾート(株)は7月2日、「レジーナリゾート」として初の海沿い型リゾートとなる「レジーナリゾート鴨川-Dog Wellness Beach」(千葉県鴨川市、総客室数:25室)をオープンする。

 同社が2013年から展開している愛犬同伴型リゾートの8施設目。JR「鴨川」駅より約2 km、館山道君津ICより車で約45分に立地。敷地面積4,346平方メートル、延床面積2,992平方メートル、鉄筋コンクリート造5階建て。同社が建物を借り受けて運営する。

 愛犬の健康を配慮したレジーナリゾート初の「ドッグフィットネス」を導入。愛犬用流水プール(SwimEx製)を使用したエクササイズや、バランスボール、ペット用ウォーキングマシンなどを用いた愛犬用フィットネスプログラムを提供する。屋外にも愛犬用プール(夏季限定)、天然芝ドッグガーデンを設置。また、レストランやバーも愛犬同伴で利用できる。

 客室は、海を臨むオーシャンフロント立地を生かし、全室に開放感あふれるワイドテラス、海の見えるビューバスを設置した。愛犬への配慮として、鳴き声が室外に伝わりにくいよう、室内設計にL字を採り入れ、防音効果の高いドアを採用。床材にはマーキングの跡や臭いが残りにくい資材を使用し、ツメで引っ掻いても跡の残りにくい新素材を用いたソファや飛び出し防止ドア、換気機能付き汚物ポットも設置した。愛犬用備品としてゲージ、マットレス、トイレトレイ&シート、足拭きタオルなども備える。備品を汚損破損した際などには保険で対応する。

 客室は、3タイプを用意。広さ40~60平方メートル。室料は「スタンダード(18室)」が1泊2食付き2万6,000円~、「コーナーデラックスウエスト(4室)・イースト(3室)」が同3万6,000円~。

 なお、「レジーナリゾート」利用者で構成する会員組織「レジーナドッグクラブ会員」は現在約3万6,000世帯となり、17年の平均稼働率は8割前後。今後は10月に箱根エリアで2棟目となる仙石原でのオープンを予定している。
 19日に開催したプレス向け内覧会で挨拶した同社代表取締役社長の輿水 秀一郎氏は「1~2年で1施設、稼働状況を見ながら2025年を目途に15施設までにしたい。6月に関西1棟目をオープンしたが、関西では京都などでの展開も考えていきたい」などと話した。

愛犬と宿泊できる客室イメージ(写真は「コーナーデラックス」)
レジーナリゾート初の「ドッグフィットネス」。愛犬用流水プールでのエクササイズなどを提供

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。