不動産ニュース / 開発・分譲

2018/6/22

南青山のM、権利変換で建て替え/丸紅

建て替え後完成予想図

 丸紅(株)は21日、同社が参加組合員として参画する「常盤松ハウスマンション建替事業」(東京都港区)が、港区長から権利変換の認可を受けたと発表した。

 同物件は、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅、JR山手線など「渋谷」駅から徒歩圏内、敷地西側に常盤宮邸の広大な緑が広がる閑静な住宅街に位置しており、周辺は青山学院大学などが所在する都内有数の南青山の文教地区に立地。1970年9月、約2,500平方メートルの敷地に、地下1階地上8階建て、総戸数62戸の分譲マンションとして建設されたが、建物・設備の老朽化、耐震性など諸問題への対応から、建て替えを決定。2016年12月に建替決議が成立し、このほど権利変換計画の認可を得た。

 周辺環境に調和した計画を目指し、延床面積1万1,075.75平方メートル、地下1階地上9階建て、総戸数98戸の新築マンションに建て替え。権利変換とは、従前の敷地利用権と建物の区分所有権を、一定の期日をもって新しいマンションの敷地利用権と建物の区分所有権に円滑に移行させる仕組み。「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」による組合施行方式が適用され、同社として同法を用いた初の建替事業。

 8月に着工、21年春頃に竣工の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

区分所有権

分譲マンションのように独立した各部分から構成されている建物を「区分所有建物」という。この区分所有建物において、建物の独立した各部分のことを「専有部分」という。区分所有権とは、この専有部分を所有する権利のことである(詳しくは「区分所有建物」参照)。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。