マンション建て替えの記事一覧

2021/8/27

不動産ニュース 2021/8/27

国交省、要除却認定調査・診断の実務マニュアル案

国土交通省は27日、「要除却認定基準に関する検討会」(座長:深尾精一首都大学東京名誉教授)の3回目となる会合を開き、建築士等が老朽化したマンションの「要除却認定」を申請するための調査・診断方法等を具体的に解説する「要除却認定実務マニュアル」の骨...

2021/8/20

不動産ニュース 2021/8/20

旭化成不レジ、マンション建て替え着工実績が40件に

旭化成不動産レジデンス(株)は20日、「向原第二住宅団地マンション建替事業」(東京都板橋区)の解体着工をもってマンション建替事業の着工実績が40件に到達したと発表した。向原第二住宅団地マンション建替事業は、野村不動産(株)と共に参加組合員として...

2021/8/6

不動産ニュース 2021/8/6

マンションストック長寿命化等モデル事業、5件採択

国土交通省は6日、「マンションストック長寿命化等モデル事業」(令和3年度第1回)の採択プロジェクトを公表した。今後、急増する高経年マンションについて、適正な維持管理を促進し、長寿命化に資する改修や建て替えの促進を目的に、先導性の高いマンション再...

2021/7/13

不動産ニュース 2021/7/13

石神井公園団地M建て替えで地鎮祭

石神井公園団地マンション建替組合が、事業協力者である東京建物(株)、旭化成不動産レジデンス(株)、(株)URリンケージと共に進めている「石神井公園団地マンション建替事業」において、12日に地鎮祭が行なわれた。同プロジェクトはマンション建替え円滑...

2021/6/22

2021/6/11

2021/6/8

不動産ニュース 2021/6/8

M要除却認定基準に係る告示改正に向け案検討

国土交通省は7日、2回目の「要除却認定基準に関する検討会」(座長:深尾精一首都大学東京名誉教授)を開き、基準の概要案等について検討した。2020年6月の「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」の改正により、老朽化したマンションなど、「要除却...

2021/5/25

不動産ニュース 2021/5/25

多摩川住宅建て替え。総戸数910戸の分譲Mに

東京都調布市で推進されている多摩川住宅ホ号棟(11棟、総戸数380戸)の建替事業について、多摩川住宅ホ号棟マンション建替組合がこのほど調布市の組合設立認可を受け、マンション建替組合が設立された。住友不動産(株)と(株)長谷工コーポレーションが参...

2021/5/14

不動産ニュース 2021/5/14

マンションの要除却認定基準を検討/国交省

国土交通省は13日、1回目の「要除却認定基準に関する検討会」(座長:深尾精一首都大学東京名誉教授)を開催した。2020年6月の「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」の改正により、老朽化したマンションなど、「要除却認定」の対象となるマンショ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。