不動産ニュース / ハウジング

2018/8/16

住林、温室効果ガス削減目標がSBT認定取得

SBTのロゴマーク

 住友林業(株)は15日、同社が作成した温室効果ガス排出量削減の長期目標が「Science Based Targets イニシアチブ」(以下、SBTイニシアチブ)に認定されたと発表。日本では25社目の認定となる。

 SBTイニチアチブは2015年に、国連グローバルコンパクトと国際的な非営利団体であるCDP、世界資源研究所、世界自然保護基金の4団体が設立した組織。産業革命前からの地球平均気温の上昇を2℃未満に抑えるため、科学的根拠に基づいた温室効果ガスの排出量削減目標を推進している。日本では環境省がSBTを「企業版2℃目標」と和訳し、企業での取り組みを支援している。 

 住友林業グループは、持続可能で豊かな社会の実現に貢献することを経営理念とし、その実現に向けた取り組みが評価され、2年連続でCDPから最高評価である「気候変動Aリスト」に選定されている。17年6月、さらなる取り組みとしてSBT策定に着手し、自社での燃料使用等により温室効果ガスの直接排出である「スコープ1」と、購入した電力・熱による温室効果ガスの間接排出である「スコープ2」の排出量を30年までに17年と比較して21%削減する目標を策定。また、「スコープ1」と「スコープ2」以外の温室効果ガスの間接排出である「スコープ3」の温室効果ガス排出量についても17年と比較して16%削減する目標を据え、今回、SBT認定を取得した。

 同社は、発電事業や国内製造事業を中心に温室効果ガス排出量を減らすほか、同社グループが供給する戸建住宅から生活時に排出される温室効果ガスの削減にも取り組んでいく考え。

この記事の用語

温室効果ガス

人為的に排出され、地球温暖化の原因となると考えられている化学物質をいう。京都議定書で排出量の削減対象として指定されているのは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフル...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。