不動産ニュース / その他

2018/8/17

住友林業、米の土地開発事業会社を買収

 住友林業は17日、米の土地開発事業会社Mark lll Properties,LLC(以下、Mark lll社)の買収を発表した。

 Mark lll社は米南部サウスカロライナ州の北西部に位置するグリーンビル、スパータンバーグエリアで住宅会社向けの完成宅地(戸建て、タウンホーム用)の開発・販売を行なっている。2017年12月期の引き渡し区画数は1,153区画。

 住友林業グループは、「中期経営計画 2018」の基本方針として「グローバル市場での多様な収益源の構築」を掲げており、19年3月期には米・濠州の2ヵ国合計で1万戸の住宅建築・販売を計画している。今回の買収もその一環。100%子会社のSumitomo Forestry America,Inc.を通じ、Mark lll社の持ち株60%を取得した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。