不動産ニュース / 仲介・管理

2018/9/12

パナソニックH、「IoT賃貸住宅」の提案強化

「Sm@rt Gran(スマート・グラン)荻窪」外観
エントランスのドアにはスマートフォンで開錠できるオートロックを設置した

 パナソニック ホームズ(株)は、IoT技術を導入した賃貸住宅の提案を強化していく。その初弾物件となる「Sm@rt Gran(スマート・グラン)荻窪」(東京都杉並区、総戸数42戸)をこのほど完成。11日、報道陣に公開した。

  「スマート・グラン荻窪」は、JR中央線ほか「荻窪」駅徒歩8分に立地。敷地面積767.54平方メートル、延床面積1,707.14平方メートル、重量鉄骨造地上5階建て。パナソニック(株)と連携して、賃貸住宅にスマート技術を組み込んだ。

 主要な機能の1つである「スマート宅配システム」は、宅配ボックスを活用し、荷物の着荷をメールで通知するほか、クリーニングの集荷・着荷、ネットスーパーで購入した食品の受け取りなどを行なう。「スマートキーシステム」により、スマートフォンのアプリを使って、オートロックや玄関ドアを自動で開錠。入居者が時限付きで鍵情報を他人にシェアできるため、急な訪問客にも対応できる。パナソニック製HEMSを介して、外部からエアコン・照明・給湯器などの各設備を操作できる「スマート設備コントロール」も導入した。

 また、NTT東日本が開発した「IoTプランター」の実証実験も実施する。プランターに搭載したカメラ、センサーが収集した発育状況データ、温湿度などの情報に基づき、AIクラウドが利用者のスマートフォンに最適な栽培支援アドバイスを送信する。

 同社は、同物件を東京・名古屋・大阪エリアでのIoT賃貸拡販に向けたテストマーケティング物件と位置づけ、今後のIoT賃貸住宅の商品企画に生かしていく。また、2018年度中に、スマートスピーカーと連携した家電・住宅設備機器などの音声認識制御システムを整備し、今後の商品に導入していく予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートハウス

家庭でのエネルギー消費を最適に制御するシステムを備えた住宅をいう。ICT(InformationandCommunicationTechnology:情報通信技術)によって家電、空調給湯設備、太陽光発電、蓄電池、電気自動車などを一元的に管理・制御し、エネルギー消費を最適化することができるとされる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。