不動産ニュース / その他

2018/9/25

キッズデザイン賞、会長賞にミサワと積水ハ

表彰式の様子

 NPO法人キッズデザイン協議会は25日、「第12回キッズデザイン賞」の表彰式を開催した。 同賞は、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する制度。
 受賞数は252点(応募数468点)で、内訳は「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」(受賞数75点)、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」(受賞数102点)、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」(受賞数75点)の3つ。合計33点の受賞作品が発表され、そのうち住宅関連会社の表彰では、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」(消費者育成部門)のキッズデザイン協議会会長賞に、ミサワホーム(株)の「いきものたちの巣まい図鑑」が、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」(地域・社会部門)少子化対策担当大臣賞に、積水ハウス(株)/(株)ネス・コーポレーションの「ベリーベアー深川冬木」が選ばれた。また(男女共同参画部門)キッズデザイン協議会会長賞は、積水ハウスの「トモイエ 共働きファミリーが暮らす家」が受賞した。

 同協議会副会長の金子眞吾氏は挨拶で「33点の受賞作品は、キッズデザインの理念・考え方の指標ともいえるすばらしい作品ばかり。受賞者のみなさまには、作品を通じてビジネスに生かしていただきたい。キッズデザインの考えを標準化する取り組みも進めており、昨年12月には子供の安全性に関するJISが発行された。また、日本初の国際標準として、ISOの委員会に提案をした。キッズデザイン賞の懸賞事業と国際標準化の両輪でキッズデザインが社会にあふれるように取り組んでいきたい」などと述べた。

 なお、10月25日より受賞作品検索サイトが公開される予定で、第12回を含むこれまでの受賞作品2,705点の作品を閲覧できる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。