不動産ニュース / 開発・分譲

2018/10/11

早稲田で建て替えマンション/地所レジ

「ザ・パークハウス早稲田」完成予想パース
モデルルーム

 三菱地所レジデンス(株)は、分譲マンション「ザ・パークハウス早稲田」(東京都新宿区、総戸数115戸)のモデルルームを13日にオープンする。11日、マスコミに公開した。

 旧「メゾンドール早稲田」(1971年築、総戸数35戸)の建替事業。マンション建替え円滑化法での建て替えで、2009年に同社が建替事業の事業協力者として参画。15年に隣接する国有地を同社が取得し、16年に同物件敷地と一体敷地とする建替決議が成立、開発を進めてきた。

 東京メトロ東西線「早稲田」駅徒歩6分、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅徒歩9分に立地。敷地面積2,726.62平方メートル、鉄筋コンクリート造地上10階地下1階建て、延床面積1万571.00平方メートル。周辺は第一種文教地区に指定されており、建物南側には戸山公園が隣接する。公園に面した建物の屋上には、入居者が使用できるルーフガーデンを設置する。

 住戸は、専有面積40.35~107.94平方メートル、1LDK~3LDK。販売住戸は権利者住戸を除く79戸。販売価格は未定だが、4,900万円台~1億7,000万円、平均坪単価430万~440万円を想定している。

 これまでの反響について、同社街開発事業部建替え事業推進グループ長の貴家雄一氏は、「6月のホームページ開設以降、約1,500件の反響を獲得している。年齢層は30歳代から60歳代まで幅広く、会社員がほとんど」と述べた。

 竣工は20年6月を予定。

 同社では約30年前からマンション建替事業に取り組んでおり、着工を含めるとこれまで19件の建替事業に参画してきた。高経年マンションの増加を受け、今後も積極的に取り組んでいく考え。

従前建物の「メゾンドール早稲田」

この記事の用語

マンション建替え円滑化法

マンションの建て替えを円滑に進めるための仕組みを定める法律。正式な名称は「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」で、2002(平成14)年に公布・施行された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!