不動産ニュース / 仲介・管理

2018/12/11

東急コミュ、インドネシアでマン管業に参入

 (株)東急コミュニティーは10日、インドネシアにおける不動産管理事業への参入を発表した。

 ジャカルタに同社初の海外法人となるPT. Tokyu Property Mnagement Indonesia(TPMI)を4月に設立。8月には初弾管理物件として、東急不動産(株)が開発、分譲する2棟のマンション「BRANZ BSD 藍」(総戸数1,256戸)、「BRANZ SIMATUPANG」(総戸数381戸)の管理を開始した。インドネシアで日系の大手不動産管理会社が現地法人を設立して不動産管理を手掛けるのは初めて。

 インドネシアでのマンション管理は、不具合が生じたら修理する対症療法的な手法が一般的。同社では、日本式の管理手法を導入することで、建物の長寿命化・資産価値の向上、安全・安心な業務の提供を目指す。建物定期点検や長期管理計画の策定などを実施し、さらに、顧客の個別要望への対応状況を全スタッフで共有し、均一な対応を実現していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!