マンション管理業の一覧

2019/11/29

不動産ニュース 2019/11/29

住生活基本計画見直しで初の「勉強会」

国土交通省は29日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会委員による初の勉強会を開いた。2021年3月の閣議決定を予定している「新しい住生活基本計画(全国計画)」の策定にあたっては、見直しの視点とされている「ストック」「居住者」「産業・新技術」「まち...

不動産ニュース 2019/11/29

主要クレカで管理費の支払いが可能に/大和ハ

大和ハウス工業(株)は29日、分譲マンションの管理費等の決済を主要クレジットカードで支払うことができるサービスを、2020年6月より開始すると発表した。管理費を支払う場合、一般的には銀行口座振替が用いられ、クレジット払いが可能な場合でも専用クレ...

2019/11/28

不動産ニュース 2019/11/28

大規模修繕工事長周期化の仕組み、国交省から認定

野村不動産パートナーズ(株)は、分譲マンションにおける大規模修繕工事の実施周期を延伸する仕様「re:Premium(リ・プレミアム)」が、国土交通省が支援する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の「良好なマンション管理」に認定されたと発表した。...

2019/11/26

不動産ニュース 2019/11/26

不動産活用ネット、HSなどテーマにセミナー

賃貸管理会社や不動産再生を切り口にした事業会社、保険コンサルタントなど、不動産と不動産関連事業者による「不動産活用ネットワーク」は23日、アットビジネスセンター東京駅八重洲通り(東京都中央区)で賃貸オーナー等を対象としたセミナーを開催。約90名...

不動産ニュース 2019/11/26

マンション管理の未来を考えるセミナー

(株)不動産経済研究所は、マンション管理・再生フォーラムを12月11日、全日通霞が関ビル(東京都千代田区)で開催する。分譲マンションストックが、全国約655万戸まで積み上がる一方で、建物の老朽化と入居者の高齢化という2つの老いに加え、管理スタッ...

2019/11/15

2019/11/13

2019/11/7

不動産ニュース 2019/11/7

賃貸事業が好調/三井不20年3月期2Q

三井不動産(株)は7日、2020年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。当期(19年4月1日~9月30日)の売上高は8,887億7,600万円(前年同期比3.3%増)、営業利益1,186億400万円(同5.8%増)、経常利益1,078億2,9...

2019/11/6

不動産ニュース 2019/11/6

マンション共用部で「食品ロス削減マルシェ」

三井不動産レジデンシャル(株)、三井不動産レジデンシャルサービス(株)は5日、通常の流通ルートで廃棄されてしまう野菜や果物をマンション共用部で販売する居住者向けイベント「食品ロス削減マルシェ(たべるーぷマルシェ)」を開催したと発表した。居住者の...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。