不動産ニュース / 開発・分譲

2019/2/12

住友不、名古屋都心部でのマンション供給加速

「総合マンションギャラリー栄館」外観
同社の標準的なマンションの仕様が確認できるコンセプトルーム(イメージ)

 住友不動産(株)は、名古屋都心部での分譲マンション供給を加速する。分譲マンションの総合展示場「総合マンションギャラリー栄館」(名古屋市中区)を9日にオープン。年間300~450戸ペースで供給し、名古屋圏のマンショントップブランドを目指す。

 同社が2011年から開設を進めてきた「総合マンションギャラリー」は、1ヵ所で同社の全販売物件の情報を入手できる総合展示場。目的物件が決まっていないユーザーや初期検討段階のユーザーの囲い込みができる。これまで首都圏7ヵ所(新宿、池袋、秋葉原、渋谷、東銀座、田町、横浜)と大阪・梅田に開設済み。首都圏7ヵ所では、8年間で2万4,000名が来場している。

 「総合マンションギャラリー栄館」は、市営地下鉄「栄」駅徒歩3分に立地。総面積は大規模マンションの標準的なモデルルームの倍にあたる760平方メートル。同社の標準的なマンションを模したコンセプトルームや設備機器展示、名古屋都市圏での販売状況がわかるジオラマ模型、パンフレットコーナー、商談スペースなどで構成。複数物件のプレゼンテーションが行なえるよう、シアタールームも2室設けている。

 8日の記者発表会で会見した同社東海支店長の竹田 晃氏は「名古屋は製造業に裏打ちされた経済基盤があり、人口も増えているが、都市開発については一歩遅れている感がある。しかし、27年のリニア開通がトリガーとなり、都市構造変革に向けた再開発が進み、市も規制緩和を進めている。この機を逃さずまちづくりに資するマンション開発を進めていく」とし「名古屋市の年間供給戸数3,000戸の10~15%を占めたい。同地におけるトップブランドを目指す」と抱負を語った。

 総合マンションギャラリーでの初弾物件は「シティタワー葵」(名古屋市東区、総戸数354戸)。地下鉄東山線「新栄町」駅徒歩4分に立地。建設地は、トヨタのディーラー跡地で元尾張徳川家の御下屋敷跡。建物は地上20階建て。住戸は1LDK~4LDK、専有面積58~88平方メートル。販売スケジュール等は未定。このほか、名古屋都市圏で7物件・約900戸の供給予定がある。

マンションギャラリーでの販売初弾となる「シティタワー葵」完成予想図

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/18

「記者の目」更新しました

生活困窮者に救いの手を」更新しました!
2015年の厚生労働省の調査によると、子どもの7人に1人、ひとり親世帯の約半数が日々の生活に困窮しているという。私たちが思うよりもずっと、日本の貧困問題は深刻だ。そんな中、NPO法人と連携し、生活困窮者に「住宅」のみならず「食品」までも支援する不動産会社がいる。社会課題に果敢に挑む、その姿を追った。