不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/3/12

平成世代は住宅探しでもSNS映えを重視

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は12日、「平成世代と昭和世代の暮らし意識調査」の結果を発表した。10~50歳代の各年代の男性100人・女性100人、計1,000人が調査対象。調査期間は2月11~13日。

 都会と田舎、どちらに住みたいかを聞いたところ、両世代とも「どちらかと言えば都会」が最多回答に。「都会」回答者も含めると、平成世代では56.8%、昭和世代では55.2%が都会に住みたいと望む結果となった。

 住むまちを決める場合にどんな点を重視するか?では、両世代とも「買物環境が充実」(平成58.0%・昭和62.5%)がトップに。「職場・学校の近く」は平成世代ではがトップと同率(58.0%)で並んだ。昭和世代の2位は、「治安」(54.0%)で、昭和世代では「治安」は3位であった。

 住宅を決める際の重視ポイントについては、平成世代は「家賃/価格」(80.3%)、「間取り」(69.8%)、「広さ」(61.5%)の順、昭和世代は「間取り」(74.0%)、「家賃/価格」(72.3%)、「日当たり」(68.3%)の順となった。
 なお、平成世代は「広さ」「キッチンなどの最新設備の充実」「デザイン性」の項目で昭和世代を5~10ポイント上回り、SNS映えを意識してか、広さやおしゃれさを求める傾向がうかがえた。逆に、昭和世代は「日当たり」や「隣にどんな人が住んでいるか」の項目で平成世代を15ポイント以上上回っている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。