ムック本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」を発刊しました!!

都市再生機構の一覧

2019/6/20

不動産ニュース 2019/6/20

旧赤羽台団地に都市の暮らしの情報発信施設/UR

(独)都市再生機構(UR都市機構)は19日、旧赤羽台団地(東京都北区)の保存住棟を活用し、都市の暮らしの歴史を学べる情報発信施設を整備することを明らかにした。人口減少・少子高齢化やAI・IoTなど技術革新といった時代の転換期を迎え、現代の都市や...

2019/6/12

不動産ニュース 2019/6/12

赤羽の団地でIoT・AI活用の住戸/UR

(独)都市再生機構(UR都市機構)は12日、「ヌーヴェル赤羽台」(東京都北区)団地内で実証実験中のIoT・AI活用のモデル住戸を、報道陣に公開した。同団地は、JR「赤羽」駅徒歩10分に位置。

2019/5/10

不動産ニュース 2019/5/10

UR団地に生活支援機能持たせたコンビニ

(独)都市再生機構(UR都市機構)は10日、森之宮団地(大阪市城東区、総戸数933戸)に、生活支援サービス機能を持ったコンビニエンスストアの1号店をオープンした。UR都市機構では、超高齢社会に対応した住まい・コミュニティ形成支援やUR賃貸の入居...

2019/4/5

不動産ニュース 2019/4/5

MM21で大規模複合ビル/鹿島建設他

鹿島建設(株)、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険(株)は3社共同で開発する「みなとみらい21中央地区58街区」(横浜市西区)を着工。開発するビル名を「横濱ゲートタワー」に決定した。

2019/3/26

不動産ニュース 2019/3/26

虎ノ門で市街地再開発/新日鉄興和不他

新日鉄興和不動産(株)、第一生命保険(株)、関電不動産開発(株)、東京ガス都市開発(株)、九州旅客鉄道(株)、大成建設(株)の6社は、(独)都市再生機構が実施する「虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)の保留床取得者に決定した。...

2019/3/12

2019/2/26

2019/1/7

不動産ニュース 2019/1/7

「2019年 年頭挨拶」(業界団体等)

国土交通大臣および住宅・不動産業界団体トップが発表した年頭所感は、以下の通り。(順不同)国土交通大臣 石井啓一氏(一社)不動産協会理事長 菰田正信氏(公社)全国宅地建物取引業協会連合会会長 坂本 久氏(公社)全日本不動産協会理事長 原嶋和利氏(...

2018/12/21

不動産ニュース 2018/12/21

UR賃貸住宅、再編進め33年度末で1割減へ

(独)都市再生機構はこのほど、「UR賃貸住宅ストック活用・再生ビジョン」を策定した。2007年12月26日にUR賃貸住宅ストック(約72万戸)の18年度までの再生・再編の方向性を定める「UR賃貸住宅ストック再生・再編方針」を策定し、同方針にもと...

2018/10/29

不動産ニュース 2018/10/29

ひばりが丘団地のエリマネ、20年に住民主導に

「ひばりが丘団地」(東京都西東京市、東久留米市)で活動するエリアマネジメント団体・(一社)まちにわ ひばりが丘は28日、「ひばりが丘団地再生事業」の新規分譲区画(1,187戸)が9月に完成したことを受け、同エリアのエリアマネジメント活動の進展に...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。