不動産ニュース / 団体・グループ

2024/6/19

UR、新橋・虎ノ門エリアでイノベ創出拠点開業へ

(株)リバネス代表取締役社長 COOの髙橋 修一郎氏(写真左)、UR都市機構東日本都市再生本部長の中山靖史氏(同右)

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は18日、新橋・虎ノ門エリアでイノベーション創出拠点形成に向け、科学技術分野で教育・人材育成等を手掛ける(株)リバネスと連携パートナー協定を締結したと発表した。

 UR都市機構は、東京都港区が策定した「新橋・虎ノ門地区まちづくりガイドライン」に基づき、スタートアップ企業を集め、イノベーションのきっかけとなる「出会い」と「場」が溢れるまちづくりに向けた検討を進めている。将来的なイノベーション創出拠点の共同運営を前提に連携パートナーを公募。選考の結果、リバネスと連携協定締結に至った。
 リバネスと連携・協力することで、イノベーション創出拠点の運営体制の構築を進めていく。

 UR都市機構は同エリアにおいて、2024年度中に既存ビルをリノベーションした複数のスタートアップ支援施設のオープンを計画。今後、これらの施設を核に両者が連携しながら、スタートアップ企業が集まり、その成長を応援する場づくりを進めていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生機構

都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門を合併・改組して、「独立行政法人都市再生機構法」にもとづき2004(平成16)年7月に設立された独立行政法人。 その主要な業務は、大都市および...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。