都市再生機構の記事一覧

2020/1/6

不動産ニュース 2020/1/6

「2020年 年頭挨拶」(業界団体等)

国土交通大臣および住宅・不動産業界団体トップが発表した年頭所感は、以下の通り。(順不同)国土交通大臣 赤羽一嘉氏(一社)不動産協会理事長 菰田正信氏(公社)全国宅地建物取引業協会連合会会長 坂本 久氏(公社)全日本不動産協会理事長 原嶋和利氏(...

2019/12/20

不動産ニュース 2019/12/20

URとMUJI、団地リノベで新プラン

(独)都市再生機構(UR都市機構)は、2012年度に関西圏でスタートし、15年度から全国展開した(株)MUJI HOUSEとの「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」の新プランを発表した。対象住戸は4団地・7プラン。今年度か...

2019/12/19

不動産ニュース 2019/12/19

UR都市機構が底地を取得しまちづくりを支援

(独)都市再生機構(UR都市機構)は、民間まちづくり会社との連携によるリノベーションまちづくり事業の初弾案件である宿泊施設「AREA INN FUSHIMICHO 2-8」(広島県福山市、ベッド数6台)をオープンさせた。土地・建物両方の処分意向...

2019/11/8

不動産ニュース 2019/11/8

草加の分譲マンション販売開始/東武鉄道他

東武鉄道(株)は、住友不動産(株)と開発を進めている分譲マンション「ソライエシティ ザ・パーク/ザ・ガーデン」(埼玉県草加市、総戸数ザ・パーク274戸、ザ・ガーデン200戸)の販売を開始する。東武スカイツリーライン「獨協大学前<草加松原>」駅徒...

2019/10/21

不動産ニュース 2019/10/21

UR、台風19号被災者に賃貸を提供

(独)都市再生機構(UR都市機構)は17日、台風19号によって住宅被害を受けた人を対象に、一時避難場所としてUR賃貸住宅を無償提供すると発表した。提供する住戸は、1都5県合計210戸。

2019/10/16

不動産ニュース 2019/10/16

うめきた2期地区にカフェ併設の情報発信拠点

(独)都市再生機構(UR都市機構)は23日、現在大規模な再開発が進められている「うめきた2期地区」内の路上の一角にカフェを併設した情報発信拠点「UMEKITA BASE」(大阪市北区)をオープンする。「みどり」と「イノベーション」の融合拠点を目...

2019/9/9

不動産ニュース 2019/9/9

10月に東京・大阪でシンポジウム/UR

(独)都市再生機構(UR都市機構)は、「令和元年度URひと・まち・くらしシンポジウム」(UR技術・研究報告会)を開催する。「元気なまちをデザインするー人と地域のつながりが未来を創るー」がテーマ。

2019/7/30

2019/6/20

不動産ニュース 2019/6/20

旧赤羽台団地に都市の暮らしの情報発信施設/UR

(独)都市再生機構(UR都市機構)は19日、旧赤羽台団地(東京都北区)の保存住棟を活用し、都市の暮らしの歴史を学べる情報発信施設を整備することを明らかにした。人口減少・少子高齢化やAI・IoTなど技術革新といった時代の転換期を迎え、現代の都市や...

2019/6/12

不動産ニュース 2019/6/12

赤羽の団地でIoT・AI活用の住戸/UR

(独)都市再生機構(UR都市機構)は12日、「ヌーヴェル赤羽台」(東京都北区)団地内で実証実験中のIoT・AI活用のモデル住戸を、報道陣に公開した。同団地は、JR「赤羽」駅徒歩10分に位置。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。