不動産ニュース / 開発・分譲

2024/4/30

三宮の新駅ビル開発が民間都市再生事業認定

「(仮称)三宮駅前第2地区都市再生事業」外観イメージ

 西日本旅客鉄道(株)、(独)都市再生機構、JR西日本不動産開発(株)、JR西日本SC開発(株)、大阪エネルギーサービス(株)は26日、複合開発「(仮称)三宮駅前第2地区都市再生事業」(神戸市中央区)が、国土交通大臣より民間都市再生事業計画に認定されたと発表した。

 事業計画地は、複数の交通機関の結節点となるJR「三ノ宮」駅周辺の中心に位置。同計画では、新しい駅ビルを開発すると共に、その内外に都市計画の交通広場や通路などを立体的に連続して配置することで、駅の交通結節機能や歩行者ネットワークを強化する。商業施設や宿泊施設なども整備し、神戸市の発展やにぎわい創出を目指す。また、屋上広場等の緑化や災害時の一時滞在施設の整備により、低炭素なまちづくりや都市の防災機能の向上に貢献する。

 敷地面積2万1,806.70平方メートル。鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造地上30階地下2階建ての建物を建築する。延床面積9万1,781.24平方メートル。商業施設、オフィス、ホテル、広場等で構成する。

 事業期間は2024年4月1日~30年3月31日の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生機構

都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門を合併・改組して、「独立行政法人都市再生機構法」にもとづき2004(平成16)年7月に設立された独立行政法人。 その主要な業務は、大都市および...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。