不動産ニュース / 開発・分譲

2019/4/4

シンガポールで日系企業向けコワーキング

「One&Co」エントランスイメージ

 東日本旅客鉄道(株)は3日、日系企業向けの交流プラットフォームとして、シンガポールにコワーキングスペース「One&Co」を開設すると発表した。

 同事業では、シンガポールに進出する日系企業に、現地の企業や海外スタートアップ、現地人材との交流の場を提供。海外進出に必要なビジネスイノベーションの創発を目指す。

 施設面積は1,223平方メートル。プライベートオフィスは34室で、料金は月額800シンガポールドル(SGD、日本で約6万6,000円)。コワーキングデスク約110席で、月額700SGD(日本で約5万8,000円)。フリードリンク、フリーWi-Fiなどを完備。有料サービスとして、交流イベントへの参加、語学教室の受講などができる。また、日本に興味のある現地消費者などにも開放するカフェエリアを設置し、オフィス利用者にマーケティング機会も提供する。

 オープンは8月を予定。施設運営は、国内外のコワーキングスペースを運営する(株)CO&CO(札幌市中央区、代表取締役:中野 創次郎氏)が担当する。

カフェエリアイメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?