不動産ニュース / 開発・分譲

2019/4/17

埼玉の大規模物流施設竣工/オリックス

大規模マルチテナント型物流施設「松伏ロジスティクスセンター」外観

 オリックス(株)は16日、大規模マルチテナント型物流施設「松伏ロジスティクスセンター」(埼玉県北葛飾郡)の竣工を発表した。

 同施設は、東京都心から約30km圏内で、東京外郭環状道路(外環道)、国道16号へのアクセスにも優れたエリアに位置。敷地面積4万2,967.41平方メートル、延床面積7万7,372.32平方メートル、鉄骨造4階建て。

 最大8テナントの入居が可能。建物の1・3階の中央部に車路とトラックバースを備え、非常用発電機を設置するなどの事業継続計画(BCP)に対応、省電力LED照明も採用している。
 共用部分には、無料Wi-Fiが利用可能なカフェラウンジや開放感のある屋外テラスのほか、フィットネスルームを設置。希望者には、スマートフォンアプリと連動し、リストバンド型ウェアラブル端末で日々の歩数管理などができる健康推進プログラムも提供する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。