不動産ニュース / 開発・分譲

2019/4/19

サ高住へ参入、シニア事業を拡大/旭化成H

「Village(ヴィラージュ)リーシュ上石神井」

 旭化成ホームズは19日、要介護者向けのサービス付き高齢者向け住宅を「Village(ヴィラージュ)リーシュ」ブランドで展開すると発表した。

 同社は2005年より、シニア向け賃貸住宅「へーベル Village(ヴィレッジ)」を展開。現在35棟・464室を運営・管理している。介護が必要になった同住宅の入居者やヘーベルハウスユーザーの高齢者の住み替えニーズの拡大、高齢者世帯の増大による介護施設不足という社会課題の解決も見据え、サ高住事業に参入。シニア事業のさらなる拡大を図る。

 事業開始に当たり、サ高住の運営・管理を担う新会社「リージュライフケア(株)」を今年4月に設立。事業の知見を蓄積していく。首都圏のヘーベルヴィレッジやヘーベルハウスが集積するエリアで展開し、25年までに15棟の開発を目指す。

 初弾として、「上石神井」(東京都練馬区、総戸数53戸)を10月1日に開業する予定。同物件は、西武新宿線「上石神井」駅より徒歩9分に位置。パイロットプロジェクトとして、2,350平方メートルの事業地は自社で取得。建物も自社で保有する。延床面積2,398平方メートル、重量鉄骨像地上3階建て。
 退院直後の在宅療養への移行支援など、さまざまな医療ニーズに対応する4種の介護事業所を併設。各種介護サービスは(株)やさしい手に委託するが、新会社により、人材育成とノウハウ構築を図り、将来的には内製化も視野に入れていく。
 住戸はワンルーム、専有面積18.9~21.68平方メートル。月額賃料は、専有面積約19平方メートルの標準プランで25万4,000円(共益費、生活支援サービス費、食費込み)。

 同日会見した、同社シニア・中高層事業推進本部長の田辺裕之氏は、「健常期、虚弱(フレイル)期の方にはヘーベルヴィレッジを、介護が必要になってきた方には同施設を提案することで、シニアの方の安心・快適が途切れないサービス体制の構築を目指す。ヘーベルハウスやヘーベルヴィレッジユーザーへのフリーレントサービス等の提供で、1割程度の住み替えを狙う。シニア世代の住み替えも促すことで、ヘーベルハウスの流動化を推進したい」などと抱負を述べた。

この記事の用語

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

規模や設備面で高齢者が生活しやすいバリアフリーな住宅(ハード)に、介護・医療などのサービス(ソフト)が付いた住まいをいう。ハード・ソフトの基準は以下の通り。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!