不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2019/4/24

ARES、岩沙弘道会長が退任表明

「新たな進化と発展には、さらなるイノベーションが必要。若い世代に新たな視点で改革に取り組んでもらいたい」などと述べる岩沙会長

 (一社)不動産証券化協会(ARES)は23日、記者懇談会を実施。岩沙弘道会長(三井不動産(株)代表取締役会長)が、5月22日に開催する定時社員総会をもって退任する意向を表明した。

 同氏は同協会創設以来約16年間に渡り会長を務め、前身の不動産シンジケーション協議会を含め足掛け20年間、業界のトップとして不動産証券化市場の発展に貢献してきた。後任候補は、副会長の杉山博孝氏(三菱地所(株)取締役会長)が挙がっている。岩沙氏と共に副会長の高橋 温氏(三井住友信託銀行(株)名誉顧問)および古賀信行氏(野村ホールディングス(株)取締役会長)も退任する予定。

 会見で岩沙会長は、「世界の不動産市場で、アメリカに次ぐ世界第2位のリート市場となった日本の存在感を示し、新たな進化と発展を遂げるためには、SDGs(持続可能な開発目標)の達成、最先端の不動産テックの導入など、さらなるイノベーションが必要。若い世代に新たな視点で改革に取り組んでもらいたい」などと期待をにじませ、課題としてグローバル化およびコンセッションを含めた広義のインフラ、ヘルスケアなどの拡充を掲げた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。