不動産ニュース / 仲介・管理

2019/5/22

室内臭気低減工法を開発/UR都市機構他

 (独)都市再生機構、日本総合住生活(株)は、シックハウス対策や室内消臭などの分野で最先端の技術力を持つ建築関連会社・ナオス・テック(株)(東京都墨田区、社長:平間圭二氏)とともに業界最先端の室内臭気低減工法「ナオラップ工法」を開発した。

 生活臭の元になるアンモニア・酢酸・ギ酸など90種類以上もの臭い成分を測定・分析し、成分ごとに最も適した薬剤で徹底的に消臭するとともに、ガスバリア性を有する特殊シートなどを活用してニオイの発生源を封じ込めていく手法。UR賃貸住宅約60戸で実験したところ、短期間で臭気を低減したことを確認した。作業工程をマニュアル化し、施工精度を維持したまま技術を全国に広げていくため、3月に特許を出願している。取り扱いを希望する施工会社には講習会を実施し、技術指導を行なう方針。

 ナオス・テックは28日より、不動産会社等の利用希望者に向けてサービス提供を開始する。都内で80平方メートルの場合、施工期間は10日間~で、費用は120万円~。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。