不動産ニュース / その他

2019/10/23

管理士試験申込者数が過去最高/管理士協

「賃貸管理業の法制化、管理士の国家資格化の実現を目指し、3団体協力のもとなお一層邁進していきたい」と抱負を述べた原嶋会長

 (一社)賃貸不動産経営管理士協議会は21日、東海大学校友会館(東京都千代田区)にて定時総会を開催。2018年度(18年8月1日~19年7月31日)事業報告、および19年度(19年8月1日~20年7月31日)の事業計画を公表した。

 18年度の賃貸不動産経営管理士試験は、1万8,488人(前年比2,122人増)が受験。合格者9,379人のうち、65%超が登録申請を行なった。なお、19年度の試験申込者数は、目標値の2万人を上回る2万5,000人超と過去最高に。19年度から試験地を全国17地域に拡大し、20年度からは試験問題数を50問、試験時間を120分とする。

 19年度は、賃貸住宅管理のさらなる適正化と資質向上を図るため、管理士を国家資格に位置付けることを目指す。併せて、賃貸管理業の法制化に向け、国土交通省と連携するとともに、試験制度や資格者の登録・更新事業等について国家資格化を想定した体制構築を進めていく。

 総会の懇親会で挨拶した同協議会会長の原嶋和利氏は、「賃貸管理業に対する関心が高まる中、行政との連携を図りつつ、安心・安全な生活の実現に向け、専門的な知識と倫理観を有する人材の輩出と育成に努める。賃貸管理業の法政化、管理士の国家資格化の実現を目指し、3団体協力のもと、一層邁進していきたい」などと抱負を語った。

 また、来賓を代表して、国土交通省住宅局住宅総合整備課長の深井敦夫氏は「改正住宅セーフティネット法、住宅宿泊事業法の施行、民泊改正、家賃債務保証業者登録制度スタートなどの施策が進められる中、今後ますます管理士の存在に注目が集まることと思う。賃貸管理業の専門家である管理士の活躍を期待している」と話した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

賃貸不動産経営管理士

賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を有することを証する資格。国家資格ではない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。