不動産ニュース / その他

2019/12/12

保有物件の会議室を外部に貸し出す実証実験

実証実験の概要

 東急不動産(株)は12日、ACALL(株)と共同で、同社保有物件の遊休時間の活用に向けた実証実験を渋谷区のオフィスで開始すると発表した。

 現在、渋谷区は23区で最もベンチャー企業が集積することから、急成長するベンチャー企業の社員数の増加に伴いオフィスが手狭になり、会議室不足が課題となっている。そこで、東急不動産が保有する物件の会議室を外部に貸し出すことで、渋谷区の企業・ワーカーの利便性向上を目指していく。

 実証実験は、スタートアップ向けのスモールオフィス・コワーキングオフィス「GUILD Dogenzaka(ギルド ドウゲンザカ)」で実施。ACALLの会議室管理アプリを試験導入し、施設内会議室の使われていない時間帯を近隣企業のミーティングスペースとして利用してもらうことを想定している。

 実証期間は12月18日~2020年6月までの予定。実験対象となるのはACALLユーザー企業で、4~12名が利用できる4部屋の会議室を利用できる。予約可能時間は8~20時(土日祝日除く)。

 今回の実証実験の結果をもとに、今後も渋谷区にとどまらず、東急不動産が保有する物件の遊休時間のさらなる活用に向けた検討を続けていく考え。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングオフィス

独立して働く人々が共同利用しながら働く事務所。そのような場所を「コワーキングスペース」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!