不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/7

トヨタ、静岡に「コネクティッド・シティ」開発

コネクティッドシティの完成イメージ

 トヨタ自動車(株)は、7~10日に米国ネバダ州ラスベガスで開催中の電子機器の見本市CES2020において、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」プロジェクトの概要を発表した。

 2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本(株)東富士工場(静岡県裾野市)の跡地(約70ha)に、居住環境をベースに、自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(Maas)、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などを導入・検証できる実証都市(コネクティッド・シティ)を開発する。
 技術、サービス開発と実証のサイクルを加速し、新たな価値やビジネスモデルの創出を図る。開発には、7日に発足した同社とパナソニック(株) の合弁会社で、まちづくり事業等を手掛けるプライム ライフ テクノロジーズ(株)も参画する予定。

 都市設計は、デンマーク出身の建築家・ビャルケ・インゲルス氏が起用。高速で走行する車両専用の道、歩行者と低速のパーソナルモビリティとが共存する道、歩行者専用の公園内歩道と、まちを通る道を3つに分類。それらが網の目のように織り込まれたまちを形成する。
 同社が開発した自動運転EV「e-Palette」を導入し、人の輸送・モノの配達に加え、移動用店舗としても活用。まちの中心や各ブロックには公園・広場を設ける他、建物は主に木造とし、屋根には太陽光発電パネルを設置する。燃料電池発電を含むインフラはすべて地下に設置。各居住者は、室内用ロボットなどの新技術を検証する。

 同社は、同都市を「Woven City(ウーブン・シティ)」と命名。21年初頭より着工し、初期は同社従業員やプロジェクトの関係者など、約2,000名が居住する計画。

 なお、まちづくりを進めていく上で、それぞれ独自のプロジェクトの実証に活用することを含め、世界中のさまざまな企業、研究者に実証への参画を募る。詳細は、同プロジェクトのウェブサイトを参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。