不動産ニュース / 団体・グループ

2020/1/23

ハウスドゥ、リースバック事業の業界団体を設立

 (株)ハウスドゥと司法書士法人ミナト法務事務所は、「(一社)日本リースバック保証協会」を設立。代表理事にはハウスドゥ取締役の冨永正英氏が就任した。

 リースバックサービスは近年注目を集めており、参入企業も増えているが、「事前に説明を受けた内容と契約内容が異なる」「定期借家契約を利用し、期間満了後に契約の継続を断られたり、退去を求められた」といったトラブルが発生しており、今後、このような状況が拡大して消費者がサービスの利用に消極的になれば、業界の発展を妨げることになりかねないと考え、協会の設立に至った。

 同会では、消費者にとって不利益となるサービスを提供する事業者の濫立を防止し、宅建業者や利用者の優位的契約を防ぐため、士業立ち会いでの業務遂行、業務・契約内容の標準化を勧めていく。具体的には、リースバックに関する調査研究、規範制定、政策提言、消費者への情報提供などを展開する。正会員および賛助会員を募集し、会員向けにはサービスの品質向上を目指す交流会や研修会を開催していく予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リースバック

不動産を売却し、その買い主から当該不動産を賃借する方法。英語のLeaseback。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。