不動産ニュース / その他

2020/2/20

遠隔操作ロボットで接客/東急不他

実証実験イメージ

 「東京ポートシティ竹芝」の推進に向け東急不動産(株)と鹿島建設(株)が設立した事業会社(株)アルベログランデと(株)サイバーエージェント、大阪大学は19日、大阪市が実施するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラムの中で、遠隔地からロボットを操作し接客する実証実験を実施すると発表した。

 卓上型コミュニケーションロボット「Sota※(ソータ)」、カメラ、マイク、スピーカーを店頭に設置。スタッフが遠隔地からタブレットを用いてロボットを操作し、顧客と会話をしながら接客するシステム。顧客の声はロボットのマイクを通してスタッフに届き、スタッフの声はロボットのスピーカーから発信される。

 ロボットが販売した場合と人が販売した場合の2つの条件を比較し、ロボットが販売することによる効果を検証。売り上げ向上へ影響や、遠隔勤務の可能性、顧客満足度等を調べる。

 なお、実証実験は大阪市が行なうIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」として実施。複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター」(大阪市住之江区)で、2月29日、3月1日の2日間行なう。

※は実際は登録商標マーク

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!