不動産ニュース / IT・情報サービス

2020/3/13

7月までに入居関連書類を電子化/大東建託

電子文書管理システム「e-キャビ」使用イメージ

 大東建託パートナーズ(株)は12日、2019年12月に導入した電子文書管理システム「e-キャビ」を活用し、全入居者関連書類を7月までに電子化すると発表した。

 現在、同社グループでは、全国で約100万件の賃貸借契約を管理すると同時に、毎年約30万件の新規賃貸借契約が締結されており、新規契約分よりすでに電子化を開始している。従来、賃貸借契約に伴い大東建託グループ各社で必要となる契約書類は、すべて同社が原本を保管していた。同システムの導入により書類の電子化が完了することで、年間約150万件の問い合わせに対し迅速な対応が可能となり、各営業所の契約内容の確認作業も大幅に短縮される見込み。

 また、タブレット等での閲覧もでき、退去立ち会い時に必要だった契約書類原本の持ち出しも不要となるため、紛失リスクを低減しコンプライアンスの強化にもつなげる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?