不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/23

「中野」駅南口再開発エリアにマンション

分譲マンション「オープンレジデンシア中野ステーションサイド」外観完成予想図

 (株)オープンハウス・ディベロップメントは20日、分譲マンション「オープンレジデンシア中野ステーションサイド」(東京都中野区、総戸数46戸)の販売を開始した。

 JR中央線、中央・総武線、東京メトロ東西線「中野」駅徒歩2分に位置。敷地面積355.09平方メートル、延床面積2,245.63平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階建て。

 「中野」駅南口再開発エリアに隣接。周辺は商店街や大型商業施設、飲食店など生活利便施設が充実している。さらに、駅北口・南口エリアでは複数の多角的な再開発事業が進行中で、より一層利便性の高い快適な暮らしが期待できる。

 第1期販売戸数は12戸。専有面積は28.24~58.96平方メートル、間取りは1DK~2LDK。販売価格は3,990万~8,750万円。

 竣工は2021年8月下旬、引き渡しは同年9月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。