不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/8

オーナーの家賃減免対応、4割が「交渉中」

 不動産オーナーのためのビジネススクール(一社)不動産オーナー経営学院(名古屋市中村区、代表理事:横山篤司氏)は5日、新型コロナウィルス感染拡大が与える不動産業界への影響についてアンケート結果を発表した。

 調査期間は5月5~31日。全国の約500棟の事業用不動産のオーナーから回答を得た。

 新型コロナについて「影響がある」と答えた人は54%にのぼった。具体的には「家賃減額した」が43.5%、「家賃支払い猶予に応じた」が31.8%などすでにテナントとの交渉を終えているという回答がある一方で、「入居者・テナントと家賃交渉中」が37.6%と、4割近くが交渉を継続していることが分かった。

 今後影響が続く期間としては、「3ヵ月程度」という回答が35.3%と最も多く、夏頃にはコロナの影響が一度は収束するだろうとの見方が多数を占めた。しかし、横山氏は、「緊急事態宣言中に経済活動を控えていた大手企業や金融機関が中長期的な経済への影響を予測した上で、オーナーに対して大幅な家賃減額交渉が増えていくのではないかと予想し、問題はさらに長期化する」とみている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。