不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/8

オーナーの家賃減免対応、4割が「交渉中」

 不動産オーナーのためのビジネススクール(一社)不動産オーナー経営学院(名古屋市中村区、代表理事:横山篤司氏)は5日、新型コロナウィルス感染拡大が与える不動産業界への影響についてアンケート結果を発表した。

 調査期間は5月5~31日。全国の約500棟の事業用不動産のオーナーから回答を得た。

 新型コロナについて「影響がある」と答えた人は54%にのぼった。具体的には「家賃減額した」が43.5%、「家賃支払い猶予に応じた」が31.8%などすでにテナントとの交渉を終えているという回答がある一方で、「入居者・テナントと家賃交渉中」が37.6%と、4割近くが交渉を継続していることが分かった。

 今後影響が続く期間としては、「3ヵ月程度」という回答が35.3%と最も多く、夏頃にはコロナの影響が一度は収束するだろうとの見方が多数を占めた。しかし、横山氏は、「緊急事態宣言中に経済活動を控えていた大手企業や金融機関が中長期的な経済への影響を予測した上で、オーナーに対して大幅な家賃減額交渉が増えていくのではないかと予想し、問題はさらに長期化する」とみている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。