不動産ニュース / ハウジング

2020/6/29

湘南LC、平屋住宅で新ブランド

モデルハウス(1LDK、44平方メートル)。建物価格は1,060万円

 小田原・足柄エリア等で総合不動産業を展開する湘南リビングセンター(株)(神奈川県小田原市、代表取締役:劔持順子氏)は、平屋住宅ブランド「湘南平屋」を立ち上げ、神奈川県南足柄市内に常設モデルハウスを開設した。

 同社でも、子育てを終え広い戸建住宅が不要になったシニア層がマンションへの住み替えを検討するケースが増えていたが、ペットや騒音などの問題から諦めるユーザーも多かった。そこで、マンションのバリアフリー性と、戸建住宅のプライバシーが両立でき、適度な広さでリーズナブルな「平屋住宅」の商品化を決定した。

 建物は全て自社施工で、木造ツーバイフォー工法、全34プランの規格型とした。1LDK~3LDK、専有面積29~111平方メートル。580万~1,710万円(付帯工事、税別)。規格型ではあるものの、リビングへの間仕切りやウッドデッキ設置といったオプションをふんだんに用意し、顧客のライフスタイルに応える。

 3月にホームページや営業エリアでの看板を介してのプロモーションを開始。新型コロナの感染防止のため、予約制での案内を行なっていたが、モデルハウスが完成したことで本格的な営業に入った。小田原市や南足柄市内だけでなく、都内からも反響が入っており、すでに10棟超を受注した。今後は、完成・引き渡した物件を一定期間モデルハウスとして使わせてもらい、ライフスタイル提案を前面に出したプロモーションを行なっていく。

 当初想定のシニア層の住み替え、建て替え、建て増しだけでなく、コロナ禍によるテレワークニーズを契機とした小田原エリアでの住み替えを検討するサラリーマンや店舗兼住宅ニーズ、テレワークブースといった幅広いニーズを取り込んでいる。今後は建売住宅や投資家向けの戸建賃貸としても販売棟数を積み増していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。